MENU

川越市の外壁塗装・屋根塗装ならルーフカベドクターへお任せ

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせ下さい

0120-89-1152 受付時間 09:30~18:00(年中無休)

  • 外壁塗装ショールーム 来店予約 クオカードプレゼント中
  • まずは3社の見積を比較 お見積依頼 お気軽に連絡下さい

現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 外壁塗装の必要性について。工事しない場合の追加工事も解説

外壁塗装の必要性について。工事しない場合の追加工事も解説

2021.07.19 (Mon) 更新

「外壁塗装しないといけないらしいけど、イマイチ必要性がわからい……」

このような疑問をもつ方も多いでしょう。

実は外壁塗装は、景観を向上させることだけが目的ではありません。外壁塗装の必要性は、住宅の保護機能回復にあります。

今回は、外壁塗装の必要性と、実施しなかった場合に想定される追加工事を紹介します。外壁塗装の必要性を理解できていない方こそ、ぜひ本記事を参考にしてください。

なぜ外壁塗装が必要なのか?

なぜ外壁塗塗装が必要なのか、そのおもな理由について解説します。

①雨風や日光などから家を守るため

実は、外壁塗装の1番の目的は住宅の保護機能を回復することです。

住宅の外壁に塗られた塗装は、月日が経過する毎に雨風や日光による紫外線などによって劣化していきます。塗装部分が劣化したり、屋根材が破損したりしていれば、そこから雨水やシロアリが侵入することになるのです。

雨水やシロアリが侵入すれは、住宅は腐食していき、やがて建物の強度にまで影響を及ぼすことにもなります。

そこで、住宅の保護機能を回復するために、外壁塗装を実施するのです。塗装がはがれた部分の上から新たに塗装したり、屋根材や柱を交換したりすることで、長期間住宅を維持できるように補修します。

これからも今のお住いにずっと住みつづけようと考えている方は、一度外壁塗装を検討してみるのがおすすめです。

②ひび割れを防ぐため

外壁塗装の2つめの目的は、外壁のひび割れを防ぐためです。最初は小さなひび割れでも、そのまま放置していれば大きな亀裂ができ、やがて危険な状態になることあります。

ひび割れは「塗装部分のみにひび割れができている」場合と、「構造自体がひび割れしている」ケースの2つがあります。「塗装部分のみのひび割れ」は軽度なので、場合によっては外壁塗装に不要です。

一方で「構造部分までひび割れしている」ケースは、建物の強度にも影響するのでかなり危険な状態です。この場合、構造の亀裂部分まで補修材でコーティングする必要があります。

このような重度なひび割れを起こす前に、あらかじめ保護してくのが外壁塗装の目的です。そのため、ふだんから外壁のひび割れ部分をチェックしておくようにしましょう。

③湿気によるシロアリの侵入を防ぐ

外壁の劣化で亀裂が発生し、そこから雨が浸水すればシロアリが繁殖する原因になります。シロアリが侵入すれば、住宅の柱や梁などが食われ、建物の強度が落ちてしまうのです。

そこで、外壁塗装によって亀裂部分をコーティングし、シロアリの侵入を防ぎます。

またシロアリが侵入するのは、外壁の亀裂部分だけではありません。屋根の雨漏りによっても、シロアリが侵入することもあります。そこで、屋根材の補修や交換によって雨水の侵入を防ぎ、シロアリによる腐食から住宅を守ります。

④景観を向上するため

外壁塗装には住宅の保護機能を回復する目的もありますが、もちろんそれだけではありません。住宅の景観を新しくするのも、外壁塗装の立派な役割です。

新築時に外壁に塗られた塗装は、雨風や日光の紫外線によって色褪せていきます。そこで、再度上から塗装を塗りなおすことで、新築以上の輝きを取り戻すのです。

もちろん、以前の異なる外壁の色にすることも可能です。デザインについては、外壁塗装の業者に相談したり、周りの景観などを考慮したりしながら決めていきましょう。

また、ご自宅を売買をすることになった際に外壁の塗装がしっかりなされているか否かで資産価値も大きく変わるので、資産価値を高めるためにも塗装は非常に大切です。

外壁塗装をしなかったときの追加工事

外壁塗装をせずに破損や浸水箇所を放置していた場合、想定される必要な追加工事を紹介します。

ひび割れ補修工事

ひび割れ補修工事は、外壁の耐久性、および防水性を回復するために実施します。ひび割れの度合いによって、補修工事の内容も変わってきます。

たとえば、塗装部分のみの小さなひび割れ(専門用語で”クラック”といいます)であれば、補修工事をする必要はありません。ただし、塗装部分を超えて工事自体にひびが入っている場合は、補修工事が必要です。

この場合、ひび割れ箇所に樹脂やセメントなどの材料を注入して補強したり、亀裂部分をカットして補修材を入れるなどの工事が必要になります。

 

雨漏り補修工事

雨漏りは屋根の破損個所や、防水性の薄いベランダ、外壁のひび割れなどから浸水します。そこで、補修が必要な箇所や状況に応じて工事を実施します。

ベランダから雨水が侵入する場合は、新しく防水工事を実施することもあります。新しくベランダをコーティングすることで、水だまりを防ぎ、腐食や浸水から住宅を守ります。

また、外壁がひび割れしており、そこから雨が浸水するケースも多々あります。軽い亀裂の場合は、ひび割れ部分に補修材を塗って塞いでしまいます。亀裂がひどい場合は、上から新たな外壁材で覆ったり、外壁自体を取り替える工事が必要です。

屋根修理

屋根材が破損していれば、そこから雨が浸水する原因となります。そこで、屋根を修理する工事が必要です。

たとえば屋根の瓦が破損している場合は、補修や交換を実施します。補修できる場合は、欠けた部分にコーキング材を塗り、補強します。瓦自体が雨風や台風などによってなくなっていたり、補修できないほど破損している場合は、新しいものへ交換します。

上記のような部分修理のほうが費用を抑えられるのですが、屋根全体の劣化が激しい場合、最悪すべての屋根を新しいものへ交換する工事が必要になるケースもあります。このとき、費用も数百万円するケースもあるのです。

そのため、軽度な屋根の破損であっても、一度外壁塗装業者に相談するのがおすすめです。

シロアリ駆除

ひび割れや雨の浸水箇所からすでにシロアリが侵入している場合は、シロアリを駆除する工事を実施します。シロアリ駆除の工事には、「バリア工法」と「ベイト工法」の2つがあります。

「バリア工法」とは、薬剤を床下に散布して、シロアリの侵入を防いでしまう方法です。床下の木材に防蟻材を注入したり、土に散布したりして、シロアリの外部からの侵入自体をバリアします。

もう一方の「ベイト工法」とは、薬剤を散布するのではなく、シロアリの巣を駆除してしまう方法です。防蟻材を含んだ餌を設置して、シロアリがそれを食べることで巣ごと撃退します。

ベイト工法では薬剤を散布する必要がないので、ニオイを軽減できるメリットがあります。

外壁塗装の適切な実施時期は10年!

一概には言えませんが、外壁塗装の耐久性はおおよそ10年程度と言われています。そのため、10年を目安に外壁の状況を確認し、必要に応じて塗装を実施するようにしましょう。

ただし、外壁の塗装に使用した材料によっては、耐久性が5年程度であったり、20年もつものもあります。確実な外壁塗装の実施時期を知りたい場合は、使用した塗装材の耐久性を直接確認するのがおすすめです。

よくある誤解として、築年数が10年以上が経過し外観がまだ綺麗だから塗装はしなくても良いという話があります。

上記で記載の通り、建物に異常が出てからの塗装では遅く、場合によっては塗装以上の莫大な費用がかかる可能性があります。

外壁塗装の目的は建物の保護機能回復です。早めに対策を打つことが長期的に住まいを保全するカギとなります。

基本的には10年を目安として塗装を検討しましょう。

経年劣化が進んでいる場合は外壁塗装を検討しよう

外壁の劣化をそのまま放置していれば、雨水やシロアリの侵入によって、やがて建物自体が危うくなるケースもあります。そのため、軽度な状態で外壁塗装を実施する必要性は高いのです。

外壁塗装の目安は、10年といわれています。10年が経過しそうな住宅の場合、一度住宅の周辺をチェックし、場合にとっては外壁塗装業者に相談することもおすすめします。

弊社ルーフカベドクターでは川越市を中心に外壁・屋根塗装工事を行っています。

塗装の必要性や修繕費用が知りたいなどお気軽にお問い合わせください。

 

外壁塗装のお問い合わせはこちら

外壁塗装・屋根塗装専門店 ルーフカベドクターへようこそ

ルーフカベドクター
(日本建総 株式会社)

代表取締役 礒辺 欣也
YOSHINARI ISOBE

埼玉県川越市エリアを中心に、外壁塗装、屋根塗装専門店として地域密着でお客様に心から満足の出来る工事を手掛けてきました。
今年で愛する川越で45年を迎えました。
施工実績は雨漏り、屋根、外壁工事で7,000件を超え、これも塗装工事をご依頼いただける地域の皆さまのおかげさまです。

私たち一同は、工事をしていただくお客様のお家を自分の家だと思って施工にあたるように心がけて、3S活動(信用、信頼、親近感)を重んじて、忠恕の精神(おもいやり)、感謝の気持ちでお客様に接することを大事にして、これまで積み上げてきたお客様の信頼に恥じぬようこれからも先義後利を胸に刻み、利益より絆や品質を重視する熱い思いで頑張ります。

お住まいに関しては、7,000件を超える知識と経験でお住まいのドクターとして、2021年から屋根外壁工事専門店のルーフカベドクターを屋号として、より一層の雨漏りで困っているお客様、屋根外壁の塗装で悩んでいるお客様へ屋根外壁の専門医としてルーフカベドクターに関わる全ての方々へ、安心から始まり、ご納得してからの施工、喜び自然と笑顔になる仕上がり、最終的に新築以上の感動、満足感をご提供していくことを第一に考えて心を込めて工事させていただきます。

施工後にはルーフドクターに頼んで良かった!また、次回の塗替えもルーフカベドクターにお願いしたいとおもっていただけるように一日一生と思い一日の積み重ね、一日一日を大切に施工し、施工後のアフター点検もお客様との絆として大切にしてく所存です。
お住まいの小さなお悩みごとでもお気軽にご相談していただける住まいのドクターになれるように努めて参ります。

  • ルーフカベドクターショールーム アクセスマップ

    ルーフカベドクターショールーム

    〒350-1124 埼玉県川越市新宿町6丁目1-10
    TEL:0120-89-1152
    営業時間 09:30~18:00(年中無休)

    ショールームについて詳しくはコチラ

    相談無料 見積無料 診断無料 お気軽にお電話ください

    0120-89-1152
    受付時間 09:30~18:00(年中無休)

    無料お見積依頼

    絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!

外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! 来店予約 外壁塗装ショールームへお越しください。 カラーシミュレーション

お見積・資料請求はこちらから

0120-89-1152 受付 09:30~18:00(年中無休)

お問い合わせフォーム

ルーフカベドクター 雨漏りに強い外壁塗装・屋根塗装専門店 ルーフカベドクター
(日本建総 株式会社)

〒350-1124
埼玉県川越市新宿町6丁目1-10
TEL:0120-89-1152

対応エリア

対応エリア図